社畜の舘

プログラムエンジョイ勢。社畜ライフ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

No.1 「何か書く」

色々思うところあって、書いてみる。
まぁどうせ続かないだろうけど。


転職
 ところで、今の会社で元気に社畜を続けることは不毛だと思い、来年の4月から別の会社に転職しようと画策中だったりします。
同じプロジェクトで働くメンバーが、来年の3月いっぱいで辞めるつもりだという話を聞いて、ではそのタイミングに合わせて私も転職しよう、と。
そのメンバーは子会社なのですが、自社内のメンバーよりよっぽど頼りになり、プロジェクトを進める重要な役割を担っていました。そのメンバーがいなくなるということは、私への負担が今よりさらに増すことを意味しています。そしてあのクソみたいな会社が、それに対して何かしら対策を講じるとは考え難いためです。
転職先はWeb系一本にしぼって狙い撃ちするつもりです。


SEになったわけ
 ところで唐突に、SEになった理由を自己紹介を兼ねて書いてみます。一言で言えば、「アプリ開発をしたいが、プログラムが一切書けなかったから」です。今思えばあまりに短絡的で、アホみたいな発想ですけど。どうしてもアプリ開発(種別はなんでもよかった)に携わる仕事がしたかったんでね。それが小学生のころ初めてマシンを触ったときからの夢だったわけですよ。

情報系の学部に居ながら、私は大学4年生の6月までプログラミングが一切できませんでした。唯一できたのは、中1の時から書いていたHTMLとCSSのみ。しかしアプリ開発ではロジックをプログラミングによって具現化する事こそが求められる能力だと思っているが故、就活中はとにかく「プログラミングをせずアプリ開発をできる会社に入る」ということだけ考えていました。
職種的にそれが可能なのは、「SE」だと思い、決め打ちで入社したわけです。

ま、大誤算だったのは、内定が決まったのは大学4年の4月、そして大学4年の6月半ばにPGが書けるようになったことですかね。あれ、SEで入社する意味なくね…?ということに気づいたのは入社後なんですけど。


SEをやってみて
 クソつまんないです。SEって言われて入社したけど、やっていることは開発環境の構築やら、外注から成果物として受け取ったプログラムの結合テストやらバグ取りやら、ネットワークの設計やら、Web・AP・DB・メールサーバの構築やら、ナレッジがない新技術の調査・展開・保守・運用・設計…って思ったよりいろいろやってる。そう、いろいろやりすぎている。つまり私はSEではないのです。私は、部署内の何でも屋であると自称しています。「誰も分からない、知らないことはとりあえずあいつがなんとかする」みたいな。

…あの、ぼくにねんめなんですけど。


最後に
 本当はWeb系のエンジニアになりたかったにも関わらず、中途半端な気持ちでとん挫し、なんでもいいからアプリ開発に携われる仕事を…なんて甘ったれたことをやったがための、尻拭いをしている。それが今の私の状態。
諦めるのも結構だけど、諦め方を間違えるとこうなるよ、という教訓でした。

次回からは、愚痴やら、新米SEが気を付けることやら、愚痴やら、愚痴やらを書こうかなぁ。


P.S. とある魔術の禁書目録って面白いですね。この間初めて見ましたが、主人公の厨二能力っぷりがたまりませんね。イマジンブレイカーとか。男の子はいくつになっても厨二が大好きなのですよ。
スポンサーサイト
[ 2015/09/26 19:55 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)
アクセスカウンター
Counter
プロフィール

くしゃみ

Author:くしゃみ
アプリ設計、PG、ネットワーク設計、サーバ構築、セキュリティ対策、開発環境構築要員、新技術の開拓等々なんでも屋をやらされている、ブラック企業で働く2年目SE。

成人
Twitter → @kusyami_p

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。